デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

デリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品

デリケートゾーンの悩みを抱えている女性は多くいます。なかでも、意外とにおいの悩みを持っている人が多いことが現状です。においが原因で彼との関係が悪化・・・なんて話もよく聞きます。

仕事で年中ストッキングやタイツを履かなければいけない人も多いのではないでしょうか。そのため、女性はとくにムレやすい環境下にあるといっても過言ではありません。ムレると臭いも気になりやすくなってしまいます。

とくに陰部の臭いはあなどってはいけません。運動をしてTシャツに汗をかいているように、ただムレてにおっているだけならまだしも、性病が関係してにおっていることもあるからです。

陰部の消臭ケアは、「石鹸で洗って清潔にする」だけで太刀打ちできないほど複雑です。そこで今回は、複雑なデリケートゾーンのにおいケアを、誰でも簡単に対策できるよう解説していきたいと思います。

悩める女性を1人でも多く救う気持ちで書いていきます。

1.対策する前に!デリケートゾーンのにおいの原因をチェック

まずはデリケートゾーンがにおう原因を紹介します。いきなり対策から説明してほしいという人もいるかもしれませんが、原因によって対策方法が違うため、まずは原因からお話していきますね。

多くの人が当てはまる原因は、生理やおりものなどから来るものです。生理などによる場合は洗い方をていねいにするだけで対策できます。しかしウィルスや雑菌が繁殖して、におっている場合はただ洗うだけでは対策できません。ウィルスなどの原因を除去することが必要になります。

陰部が臭くなる原因をあげるので、チェックしてみてください。

  • 生理
  • おりもの
  • ムレ
  • すそわきが
  • 性病

陰部の臭いの原因は、私たちの身近なところに潜んでいます。決して他人ごとではないため、誰でもにおいやすい環境であることもわかります。しかしちゃんと原因に合わせたケアをすれば、体臭は軽減されやすくなるので安心してくださいね。この後1つずつ原因と対策を詳しく説明するので、気になった人は続きを読んでみてください。

悩んでいるだけでは解決しません。しっかり対策をうって積極的にケアをしていきましょう!

1-1.男性はデリケートゾーンのにおいを気にするの?

冒頭でも少し触れましたが、デリケートゾーンがにおっているせいでパートナーとうまくいかないという話は本当によく聞きます。本人が気づいていない場合もあり、もしかすると彼氏や夫に臭いと思われているかもしれません。私が男性の立場だったら、彼女や妻のあそこがにおっていてもハッキリ言えません。

とあるデリケートゾーンのにおいに関する調査では、9割の女性が「自分自身のあそこの臭いが気になる」と回答したそうです。そして7割の男性が「女性のデリケートゾーンの臭いが気になったことがある」と回答した結果が出ています。

やっぱりほとんどの男性が気付いているみたいです。しかも「腐った魚の臭い」「チーズみたい」「生理的に受けつけない臭い」と、女性にとっては耳をふさぎたくなるような例えよう・・・。

確かにくさいかもしれないけど、さすがに生理的に無理となると、百年の恋も冷めてしまうに違いません。それもそのはず、あそこの臭いのせいで別れを考えてしまうという男性もいるのが実際のところです。夜の相性も大切なことだから仕方がありません。

別れを言い出せず、我慢してストレスをため込んでいる男性も多くいます。大好きな彼や夫と別れるのも、相手に我慢させ続けるのも嫌ですよね。最悪の事態にならないために、パートナーへの心遣いの意味も含め、しっかり対策をしていくことが大切です。

1-2.香水はNG!?デリケートゾーンのにおい対策

「あそこが臭いから女の子らしい匂いの香水でごまかしちゃえ!」と思っている人もいるのではないでしょうか。正直に言います!その対策方法は返って逆効果です。

理由は、香水をつけても根本的に陰部の臭いを消せないからです。つまり「陰部の臭い+香水の香り」ということになり、強いにおいに変わります。この独特のにおいは、お世辞にも良いとはいい難いです。

香水は成分中のアルコールの揮発する性質を利用し、周囲に臭いを拡散できるようになっています。つまりデリケートゾーンのにおいも、周りに拡散してしまうことになってしまいます。そのため香水はつけない方が良いでしょう。その場しのぎの対策にすらなりませんので、要注意です。

デリケートゾーンの体臭対策で重要なことは、根本的に解消することです。

1-3.私もデリケートゾーンのにおいに悩んでいた

においケアをすることが、どれだけ大切なことか伝わったでしょうか?ちょっと不安になったという人もいると思いますが、ちゃんとケアをすれば良いので大丈夫ですよ。

実は私もみなさんと同じように、あそこの臭いに悩まされてきた過去があります。それはそれは相当苦しかったです・・・。できた彼氏にもオープンな気持ちになれず、心を開いてお付き合いもできませんでした。学生時代も陰部の悩みのせいで、ここでは言えないような辛い経験もしています。でも私は根の部分が、ポジティブ思考で向上心のある性格なので、どうすれば治るのか調べ続けました。

その結果解消することができ、今はストレスもなくなり楽になりました。そして気づけばにおいの解消法についてすごく詳しくなっていました。だから大体のデリケートゾーンのにおいの原因や対策は、わかっている自信があります。

「少しでも自分と同じように悩んでいる人たちを助けたい」と強く思ったので、このような形でケア方法を紹介することに決めました。できるだけわかりやすく解説しようと思います。

本当にみなさんが悩みを解決できるよう願っていますので、どうぞ参考にしてください。

すみません。ちょっと熱い話になっちゃいましたね。
気を取り直して、デリケートゾーンのにおいの講座始めますよー!

まずみなさんに知ってもらいたいことは、デリケートゾーンの臭いの原因は、生理・おりもの・ムレ・すそわきが・性病の5つということです。今におっているという人は、5つのうちのどれかに当てはまることが考えられます。

2.ムレ・生理・おりものによるデリケートゾーンのにおい対策とは?

5つの原因の中でも、生理・おりもの・ムレの3つは対策方法は同じです。そして、すぐに効果を実感したい人は、消臭性に優れたデオドラントやクリームがおすすめです。

ちなみに陰部の臭いのもとは、ほとんどが雑菌や汗です。知っていましたか!?

雑菌は体内から出る生理やおりものをエサとして繁殖し、ムレは陰部の湿度をあげ汗をかきやすくします。つまりデリケートゾーンの臭いを軽減するには、雑菌と汗を抑えることがポイントとなります。

デリケートゾーンの汗や雑菌をとめて体臭を消す魔法はありませんが、魔法のように簡単にケアができるデオドラントやクリームならあります。

「じゃあ、どの商品を使えばいいの?」と思っている人もいるでしょう。確かに商品選びって迷いますよね。どの商品を買えば良いのかわからないという人のために、おすすめのデリケートゾーンの臭いケア商品を紹介します。

2-1.イビサデオドラント


なかでもイチオシの良い商品があるんですね。それは、「イビサデオドラント」です!恐らく初耳という人もいるのではないでしょうか?

この商品は、デリケートゾーンの臭い用に作られたデオドラントです。ミストタイプなので、気になる臭いもシュッと簡単ケアができちゃいます。東京にお住まいの人なら聞いたことがあるかもしれませんが、イビサワックスというワックス脱毛のサロンが販売元です。

年間10,000人以上のお客さんの脱毛をしている人気サロンです。ブラジリアンワックスのサロンなので、デリケートゾーンの脱毛もやってもらえます。いつもデリケートな女性の悩みを聞いているからこそできた、デオドラントケアです。だから使う人のことをよく考えられている商品でもあります。

医薬部外品なので厚生労働省のおすみつき、デリケートゾーンのにおいケアに効果があると認められた安心の商品です。

2-1-1.「イビサデオドラント」の成分は?

イビサデオドラントは、アポクリン腺と雑菌の2つの臭いの原因にアプローチしてくれます。アポクリン腺は、デリケートゾーンの臭いを発生する汗腺です。このアポクリン腺の汗をとめるために、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という成分が入っています。

そして「シメン-5-オール」という成分も入っていて、雑菌が体内の分泌物を分解するときに発するにおいに働きます。アポクリン腺と雑菌に働くことで、陰部のにおいを瞬時に消し去るというわけです。

デオドラントと聞くと「他の香りでごまかすの?」と思ってしまいますが、イビサデオドラントは香りをごまかすというのではなく、臭いの原因となっている汗と雑菌に直接働きかけて原因から臭いを抑えてくれるのです。

しかも陰部に使うよう作られているから、敏感肌の人でも使えるほどやさしい処方になっています。パッチテストも何回もされているので安心です。

2-1-2.「イビサデオドラント」は使いやすさも抜群

そしてイビサデオドラントのおすすめポイントはもう1つあります。それは、ミストタイプになっていることです。イビサデオドラントならシュッとするだけで、気になる部分にふきかけることが可能です。

クリームだと手がべたつくこともありますが、ミストならその心配もいりません。ちなみにデリケートゾーンのデオドラント商品は、クリームタイプが多いですね。クリームからミストに変えた人は、使いやすさからはまってしまうこと間違いなしですよ。

もしデリケートゾーンの臭いケアで、何を買えば良いかわからない人は「イビサデオドラント」から始めることをおすすめします!

2-2.クリアネオ

クリアネオは「すそわきが」や「ちちが」むけのデオドラントクリームです。デリケートゾーンのにおいのもととなる菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」という成分や、イビサデオドラントと同じアポクリン腺の汗を抑える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」も入っています。

わきがの人が欲しいアイテムナンバーワンを獲得、使用者継続率97%の実力派アイテムです。とくにクリアネオのすごいところは、朝晩シャワー後にひと塗りするだけで長く持続することです。クリームタイプは細かく塗れることがメリットですが、手が汚れるというデメリットもあります。

定評のあるものを使いたい人や、きちんと塗っている感が欲しい人におすすめのクリームです。

2-3.ノアンデ

ノアンデもクリームタイプのわきが用デオドラント商品です。わきが向けとありますが、「すそわきが」にも使うことができます。

イビサデオドラントと同じく、雑菌によるにおいへアプローチする「シメン-5-オール」や、クリアネオと同じ汗を抑える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」も配合されています。乾燥肌や敏感肌にもやさしく使え、子供にも使える無添加処方が魅力です。

クリアネオ同様、クリームのメリットとデメリットがあります。ノアンデは、なるべく肌にやさしいものが良い人や、満遍なく塗りたいという人におすすめのクリームです。

2-4.スプレーとクリームどっちがいいの?デリケートゾーンのにおい対策

手っ取り早く対策するなら、デオドラントやクリームがおすすめということで3つの商品を紹介しました。気になるものはありましたか?すべて陰部のにおいのもとの、雑菌と汗にアプローチするよう作られていることもわかってもらえたと思います。

アプローチの仕方は基本的に似ている感じにみえますが、大きな違いはイビサデオドラントのようなスプレーか、クリアネオやノアンデのようなクリームということです。「スプレーとクリームはどっちが良いの?」と気になっている人もいるでしょう。

それぞれどういう人におすすめか、少し詳しく説明しますね!

2-4-1.スプレータイプがおすすめの人

スプレータイプは、アンダーヘアのある人におすすめです。重複しちゃいますが、デリケートゾーンのにおいを抑えるポイントの1つは、汗を抑えることです。

アンダーヘアに隠れた肌は汗をかいているので、デオドラントの成分で汗を抑えないといけません。クリームだと、アンダーヘアの内側の肌に塗りにくいです。スプレーなら液体だからしっかり肌まで成分を届けることができます。そのため、下の毛が生えている人にはとくにスプレーがおすすめです。

2-4-2.クリームタイプがおすすめの人

クリームタイプは、逆にアンダーヘアがない人におすすめです。全部そっているハイジニーナの人のほか、アンダーの面積が狭い人にはクリームが良いです。アンダーがないため、毛に邪魔されることなくしっかり肌に塗ることができます。クリームタイプはピタッと密着するので、持続している感も高いです。

私はスプレーもクリームも両方使ったことがあるけど、全く使い心地が違うと感じました。成分やアプローチの仕方が似ているものでも、テクスチャーで効果の感じ方が変わってきますね。そこまでこだわるかどうかは、実際使ってみないとわからないことですが、購入時に悩んだ時の参考になればと思います。

2-5.におい対策むけのデリケートゾーン用石鹸で洗う

2-5-1.生理・おりもの・ムレがデリケートゾーンのにおいになる原因

どうして生理・おりもの・ムレが、においの原因になるのか?その理由を詳しく解説をします。

経血やおりものの中には、体内でいらなくなった細胞がまざっています。不要な細胞は、においのもととなります。さらにデリケートゾーンがムレている時や、生理やおりものの量が多い時は、雑菌が増えやすくなっているので要注意です。

通常は常在菌が、雑菌の量を増えすぎないようにコントロールしてくれますが、ムレている時は、雑菌が増えやすく活動も活発にしやすい環境になってしまいます。そして雑菌は経血やおりものをエサに、どんどん増え続けます。

デリケートゾーンのにおいは、雑菌が分泌物を分解する時に発生します。そのため、生理・おりもの・ムレのある日は、雑菌が多くあそこが臭くなりやすいというわけです。

2-5-2.雑菌を抑えてデリケートゾーンのにおいを対策するには?

雑菌のコントロールなんてちょっと難しそうと、思った人もいるのではないでしょうか?簡単にできるので、どうすれば雑菌が増えないかお話しますね。

増やさないために大切なことは、デリケートゾーンの洗い方にあります!あなたはいつもどうやって、あそこを洗っていますか?

まさか体と同じボディソープや石鹸で洗ったり、ナイロンタオルでごしごし洗ってはいませんよね!?実は、市販のボディソープなどでごしごし洗いをすることが、雑菌を増やす原因になってしまいます。

確かに洗えばきれいになっている感じはします。しかし市販のボディソープなどは、洗浄力が強く、雑菌をコントロールする常在菌までも弱らせてしまうのです。しかも乾燥肌の原因にもなるので気をつけなければいけません。

常在菌が弱ると雑菌が増え臭くなりやすくなります。せっかく洗っているのに返ってにおいを強くしていたなんて衝撃ですよね。

常在菌を守るためには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことが重要です。理由は2つあります。1つは「殺菌力がちょうど良く、常在菌が守れること」。もう1つは「雑菌を殺菌する効果が望めること」です。

2-5-3.デリケートゾーンのにおい対策におすすめの石鹸

そんなデリケートゾーン専用の石鹸は、いくつか種類があります。なかでも有名なのが、ジャムウソープです。ジャムウソープは、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい女性のデリケートゾーンにぴったりの石鹸です。

天然由来の成分でできているので肌にもやさしく、陰部の常在菌を良い状態に保つことも期待できます。常在菌を保つことで、雑菌の数もコントロールしやすくなります。

ジャムウソープは、軽度のにおいレベルの人におすすめです。しかし重度のにおいレベルの人にとって、物足りなく感じてしまうところが残念です。ですので、におい対策もしっかりできる成分が入った石鹸を使うことをおすすめします。実際、私が使って良かったものを紹介しますね。

2-5-4.イビサソープ

イビサソープは、「2-1.イビサデオドラント」の項目で紹介した商品と同じサロンから販売されている泡石鹸です。デリケートゾーンのにおいにお悩みの女性にむけて作られたものです。

この泡石鹸には、殺菌と抗菌作用が望める「イソプロピルメチルフェノール」という成分が入っています。陰部の雑菌の数を増やさないことで、においにアプローチします。しかも、6種類のジャムウ成分も入っているところがおすすめポイントです。

敏感といわれるデリケートゾーンの肌を、すこやかに導いてくれるので肌質で悩んでいる人にもおすすめです。イビサソープは、陰部の雑菌のコントロールと、肌環境を整えるのにすぐれた商品です。

2-5-3.コラージュフルフル泡石鹸


コラージュフルフル泡石鹸も、陰部の殺菌と抗菌が望める泡石鹸です。殺菌と抗菌という点では、イビサソープとよく似ています。何が違うのかというと、コラージュフルフルは「ミコゾナール硝酸塩」という成分が入っているので、真菌の抑制も期待ができることです。

雑菌はもちろんのこと、カビの仲間でもある真菌にもアプローチできるなんてすごいですよね。真菌の中には肌の炎症や不快感をおこすカンジダ症のもともあり、性感染症予防をしたい人にもおすすめです。

雑菌も真菌もやっつけつつ、肌には負担をかけないようにできています。添加物への配慮もされているので心おきなく使えます。

コラージュフルフルはイビサソープと比べて、ジャムウ成分が入っていないぶんお値段もリーズナブルです。ジャムウへのこだわりがなく、カビ対策もしたい人におすすめです。

2-5-4.デオシーク


デオシークもデリケートゾーン用の泡石鹸です。成分にはイビサソープと同じ「イソプロピルメチルフェノール」が入っているので、殺菌と抗菌が望めるます。

とくにこの泡石鹸のすごいところは、デオドラントやクリームと同じ成分が入っていることです。石鹸なのにイビサデオドラントやクリアネオにも入っている「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。この成分はわきがの人が発達している、アポクリン腺の汗を抑えるものでしたね。

つまり洗いながらデオドラント効果も期待できちゃうというわけです。使用感は、もちもち泡が気持ちよく、洗い上がりがすっきりするのが特徴です。

雑菌の除去だけでなく、においのある汗どめをしたい人にもおすすめの商品です。

2-5-5.デリケートゾーンのにおい対策のための洗い方

デリケートゾーンのにおいを消したくて、ついナイロンタオルでごしごし洗いたくなりますよね。しかしごしごし洗いは禁物です。陰部は皮膚が薄いので、強く洗うと肌が乾燥して皮脂がたくさん出てしまいます。そのため雑菌がふえ、においを余計強くしてしまうこともあります。

では、どうやって洗えばいいのかというと、やさしく洗うことです。今回はとても簡単な、泡パック法を紹介しますね。

デリケートゾーンの泡パック法

  1. まずデリケートゾーン用の石鹸を泡立てネットで泡立てます。
  2. 次にデリケートゾーンに泡をのせます。
  3. 泡をのせ2分~3分放置します。
  4. 下腹部にシャワーをあて、手でお湯をためてからすすぎます。

とても簡単だけど、いつもよりやさしい洗い方と感じたと思います。泡をパックすることで、いつも落としきれない毛穴の汚れを落としやすくします。もし洗いあがりが物足りなければ、気になる部分を指でなで洗いをしてくださいね。

残すべき皮脂は残し、不要な毛穴汚れをおとす絶妙な洗い方です。においだけでなく、皮脂を保ち乾燥対策も望めるところはうれしいポイントです。

できれば専用の石鹸がいいですが、なければまずは自宅にある石鹸で1週間やってみてください。洗い方1つだけでも、肌やにおいの変化を実感できること間違いなしですよ。

2-5-6.専用の石鹸でやさしく洗ってデリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンの体臭対策として、3つの石鹸を紹介しました。本当にデリケートゾーンのにおいケアをするなら、専用のものを使った方が良いです。

日本では全身1つのボディソープを使う人が多いと思います。しかしフランスでは、陰部には専用のセンシティブソープを使ってケアをします。髪の毛をボディソープで洗わないことと同じように、デリケートゾーンも別ものとして考えてお手入れしているのです。

生理・おりもの・ムレからくるあそこのにおいには、専用の石鹸で洗ったあと、デオドラントやクリームを使えばOKです。石鹸とデオドラントで大体の体臭は太刀打ちできるでしょう。

私も生理前後、すごく臭いがきつくなる方でしたが、石鹸とデオドラントでだいぶましになりました。今では生理でくさくなることはほぼないですね。あそこの体臭がないだけでストレスも激減しました。

私でも解決できたので、みなさんも解決できると思います!もし悩み過ぎて辛いという人は、この方法でチャレンジしてみてくださいね。

2-6.サプリメントでデリケートゾーンのにおい対策はできるの?

あそこの臭いが1番気になる時って、生理中ではないでしょうか。生理の時の体臭ケアをしようと思ったら、なかなか手ごわく、体の内側からケアをすることも考えなくてはなりません。そこで考えられるのが、サプリメントという手段ですね。

すでに、サプリメントで対策したいと考えている人もいると思います。実際ちまたでも注目されていて、雑誌では「体臭むけのおすすめサプリ~選」と紹介されることも多々あります。

もしサプリを飲むだけで臭いがなくなるなら、チャレンジしてみたいと思いませんか?サプリを飲むなら体にどうアプローチするのか、知っておく必要があります。

そのためにも生理でなぜあそこが臭くなるのか、体内のメカニズムも踏まえお話します。サプリやお薬は体の中に入れるものなので、ちゃんと仕組みを知って納得してから飲みましょうね。

あと身体のことは複雑なので、できるだけ簡単にお伝えします。みなさんが読んでいて、眠たくならないよう解説していきますね!それでは、生理の時体内でどうなって、においが起こっているのかチェックしていきましょう!

2-6-1.血行不良による腸の活動の低下

ほとんどの女性に当てはまると思うのですが、生理になるといつもと体調が違いますよね。体調の変化は個人差もあるので、すごく辛い人もいれば、なんとなくダルイと感じる人もいるでしょう。私は眠たくなったりお腹が張ったりします。

実際このような体調が変わることには理由があります。

生理中は経血が体の外に出るため、血行不良を起こしやすくなります。冷え、頭痛を感じるのは血行不良によるものです。血行不良はやっかいで、腸の活動も弱めてしまうこともあります。

「生理前後に便秘になることはありませんか?」それは腸の活動が弱まっているからかもしれません。腸の働きが弱まると免疫力が低下しやすくなり、陰部の臭いやすくなります。

2-6-2.免疫力の低下

では、なぜ免疫力の低下が、あそこの臭いに繋がるのかみていきましょう。生理によってデリケートゾーンがにおう理由は、「免疫力の低下による雑菌の増加」です。ほとんどがこの理由で臭います。

生理中は雑菌が経血をエサに増殖し、体臭を強く放ちます。そして生理中は免疫が下がっているので、雑菌の増殖をストップできず、ずっとくさいままになってしまうわけです。生理中、いつも以上に体臭が強くなる理由にも納得ですね。

2-6-3.デリケートゾーンのにおい対策にはどんなサプリを選んだらいいの?

生理によるデリケートゾーンのにおいは「血行不良で腸の活動が弱り、免疫力がおちて雑菌が繁殖すること」で起こります。身体の仕組みの話は、複雑に感じてしまいますが、要は「腸を強くして免疫力を高めてあげること」が大切です。

生理による陰部のにおい対策としてサプリを選ぶ時は、バラの香りがするというような体臭むけのものはおすすめできません。確かに普通の体臭ケアにはよかったですが、生理の時は臭いの原因が免疫力や腸に関係するので、根本的解決できるものを選ぶことをおすすめします。

じゃあどんなサプリメントがいいの?と言われますと、乳酸菌系のサプリメントが良いでしょう。乳酸菌はヨーグルトやキムチにも入っていますが、最近は乳酸菌ブームで乳酸菌チョコ、乳酸菌入りシリアルなど色々な食品に入っていることもあります。

なぜ乳酸菌がもてはやされるのかというと、腸内環境を整え免疫力アップが期待できるからです。免疫力があがることでデリケートゾーンの雑菌にアプローチし、臭い対策も望めるというわけです。

食品からとるのに越したことはありませんが、手軽にとりたい人はサプリメントがおすすめです。

2-6-3.デリケトール


ちなみに乳酸菌サプリメントでおすすめは、デリケトールです。生理中に衰えがちな腸の活動を、働きやすくサポートしてくれます。

最近は薬局やドラッグストアに行くと、たくさんのサプリメントがありますよね。つい早くデリケートゾーンの不快感を解消したいからといって、あれこれと飲みたくなりますが、まずはデリケトールだけ試すのがおすすめです。

生理によって起こるにおいには、まず根本的に腸から対策をしていきましょう。

2-7.アンダーヘアのお手入れ不足もデリケートゾーンのにおいになる!?

生理・おりもの・ムレからくるにおいは、アンダーヘアをカットするだけでも軽減されます。

アンダーヘアが長いとムレて、臭いやすくなってしまうからです。夏の暑い日、髪の毛をアップにするだけで、うなじが汗ばみにくくなるのと同じです。思っている以上に体毛は、熱もこもりムレやすいです。

さらに経血やおりものもつきやすくなることも、臭いの原因です。とくに日中はシャワーに浴びることもできず、一度アンダーヘアに経血などがついてしまうと、ずっと絡まったままの状態になります。経血やおりものは、雑菌のエサとなり、どんどん増殖をさせる原因となります。

そのためアンダーヘアをカットして、「ムレ」や「分泌物の付着」を予防しておくことが重要です!セルフ脱毛するならヒートカッターがおすすめです。自分でうまく脱毛出来ない人はサロンに行くのも良いでしょう。

3.すそわきがによるデリケートゾーンのにおい対策

生理・おりもの・ムレによって起こる、デリケートゾーンの臭いについて紹介しました。その他にも、「すそわきが」による原因もあります。

別の記事に「すそわきが」のことを詳しく紹介しているので、こちらも併せてチェックしてみてください。
⇒「「すそわきが」がデリケートゾーンのにおいの原因!?」の記事を見る

「すそわきが」とは何か軽く説明しておきますね。生理などの場合は雑菌や汗でくさくなっていましたが、「すそわきが」はわきがと同じ理由でくさくなっています。

アポクリン腺といいフェロモンのようなにおいを発する汗腺があります。わきがと同じ汗腺で、脇やデリケートゾーンや乳首など、局所的に集中しているのが特徴です。においは独特で、玉ねぎのにおい、鉛筆の芯のようなにおいと例えられることもあります。だから生理の時のにおいとは、ちょっと違うんですね。

お風呂あがりはにおっていなくても、じんわり汗をかくとまたにおうことがあるので、とてもやっかいです。ちなみに、「すそわきが」は恥骨の上から発生しやすいです。生理やおりもの以外の理由で、下着が黄色くなっている人は「すそわきが」を疑ってみてください。

3-1.脇の「わきが」と「すそわきが」の関係性

「わきが」は脇のにおいがすることを指しますが、「すそわきが」の「わきが」が関係しています。「わきが」も「すそわきが」も同じようなにおいがします。このにおいが起こる理由は、アポクリン腺という汗腺が活発になるためです。

アポクリン腺は、脇やデリケートゾーンだけでなく、乳首やへそや耳の中にあることが多いです。遺伝によるもの優性遺伝のため、親が「わきが」だと子供も「わきが」になりやすいです。そして「わきが」や「すそわきが」の体質がある人は、耳垢が湿っぽいです。

男性より女性の方が「わきが」の体質が出やすいです。とくに性行為の時は、アポクリン腺が刺激され、においやすくなります。生理中もにおいが強くなることもあります。

「わきが」を治そうと思うと、美容外科では数十万円かかり、手術となると抵抗があるし、決して安い金額でもありません。それに医師や看護師に患部をチェックされることは、ストレスになってしまうこともあります。

でも最近は良いデオドラント商品が色々出ているので、「わきが」も「すそわきが」も手術をしないで、臭いを抑えやすいから安心してくださいね。いきなり美容外科に行くのではなく、定評のある本格的なデオドラントでまずケアをしていきましょう。

4.性病によるデリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンのにおいで心配なのが、性病によるものです。健康にかかわるので、性病の場合はすぐに治した方が良いでしょう。

個人差はありますが性病は、自覚症状が出にくいことが特徴です。初期症状が生理痛と似ていていることやかゆみ程度だからです。生理痛やかゆみに慣れている人は、例え病気になっていても「いつものことか」と軽く流してしまいます。でも決して軽く見ないでください。

ちなみに陰部の臭いも性病の症状の1つにあります。クラミジア、膣トリコモナス、淋病は、おりものから独特の臭いがしたり、量が増えたりします。

何か異常があればすぐに検査をするようにしてください。厳しめに言いましたが、臭い云々よりも身体の方が心配だからです。婦人科に行って検査はちょっとという人は、自宅でも検査ができるキットがあります。

どうしても病院で検査に抵抗がある人は、まず自宅でチェックしてみることをおすすめします。おりもののにおいが違っていたら、性病の恐れもあることを覚えていてくださいね。

5.生理の経血量とにおいの関係

生理によって陰部が臭いやすくなるという話は、もう覚えてもらえたかと思います。忘れてしまった人は「2.ムレ・生理・おりものによるデリケートゾーンのにおい対策とは?」に戻り、おさらいしましょう。

生理は臭いの原因となりますが、経血の量が多い人や、生理期間が長い人はにおいも強くなります。それだけムレたり雑菌も増えやすいですからね。

ちょっと臭いとは離れますが、経血量が多い人は「過多月経」の可能性もあります。過多月経は、ホルモンバランスや子宮や膣のトラブルが関わっていることが考えられます。

  • 前より経血の量が増えた
  • ピークの日は1時間おきにナプキンをかえている
  • 経血の多い日が続く

このような条件が当てはまる人は、過多月経を疑ってみてください。そして臭い対策をするよりも、婦人科にいき相談することが重要です。臭いケアももちろん大切ですが、身体のことを考えたら生理の問題を解決することが優先です。経血量が減れば臭いの軽減にもつながるので、ちゃんと病院にいくようにしてくださいね。

6.黒ずみもデリケートゾーンのにおいに関係あるの?

いきなりですが、あなたはあそこの黒ずみを気にしたことがありますか?10代~40代の女性、13,989名を対象とした、ある「デリケートゾーンのケア」の調査では、約4人に1人が「黒ずみ」で悩んでいるという結果があります。ちなみに「臭い」は「かゆみ」に次いで2番目に多く約7割の人が悩んでいます。

あまり口にしないだけで、意外とみんな悩みを抱えているのが現状です。確かに黒ずみに関する悩みもよく見かけますね。黒いからにおいの原因になるんじゃないかと思っている女性も多いです。

私も最初は、においの原因が黒ずみから来るものだと思っていました。あのころは黒ずみもにおいもとるために、毎日ごしごし洗いをしていましたね。今となっては反省しています。

黒いとつい汚れてる?におってる?と自分で思いがちですが、そう見えるだけで安心してくださいね。黒ずみとにおいには関係がありません!

陰部の黒ずみは、下着のしめつけやカミソリ脱毛などの摩擦からくるものです。肌は摩擦をうけると、メラニンという成分を出して体を守ろうとします。このメラニンが黒く見える正体です。

だから見た目が黒いだけで、臭いになる要素はありません。でも黒ずみはないほうが良いですよ。水着もきれいに着こなせるし、彼氏も黒くないほうが嬉しいはずです。私が男性なら気になっちゃいますね。あなたもそう思うのではないでしょうか。

黒ずみケアもしておくと、なおよしです!

7.膣洗浄によるデリケートゾーンのにおい対策はどうなの?

膣洗浄であそこのにおいを解消したい!という人もいるのではないでしょうか。商品数が多いドラッグストアには、膣洗浄の商品も売っていたりしますよね。私も使ったことがあります。

私の経験からいうと、確かに膣洗浄のアイテムは、生理後や終わりがけの時、おりものの体臭なら軽くなります。膣の中にたまった経血やおりものを洗うものなのでスッキリはします。でも治るというより、一時的におさまるという感じですね。

膣内にたまった分泌物が原因で、においが起こっている人にはむいていますが、その他の原因の場合の人にはおすすめはできません。

7-1.膣洗浄の注意点その1:何回も洗浄する

つい匂いを消したい一心で、膣洗浄を何度もやりたくなります。でも、洗い過ぎはよくないのでやめてくださいね。理由は、膣内の自浄作用が弱まり雑菌が増えやすくなってしまうからです。

膣洗浄は生理後日常的に頻繁にするのではなく、生理後や終わりかけの時やおりものの多い日におすすめします。日常的にはデオドラントや石鹸など、その他の方法で対策をしていきましょう。

7-2.膣洗浄の注意点その2:シャワーで洗う

シャワーなどの水道水で、膣を洗うのもやめましょう。意外とやってしまう人がいます。生理期間中は、子宮の一部である子宮内膜がはがれおちる期間です。いつもよりデリケートな状態になっているので、水道水を直接流してしまうと感染症のおそれが高まってしまいます。

またシャワーだけでは子宮の中まで洗うことはできません。しっかり洗えていそうで、実は膣の中にたまった経血しか洗えていないというわけです。

衛生的にもよくないですし、徹底して経血を洗えるわけでもありません。シャワーを使えばスッキリ感はありますが、メリットが見当たらないのでやらない方が良いでしょう。

8.デリケートゾーンのにおいを下着で対策するには?

陰部のにおいの原因は、おもに雑菌と汗です。雑菌と汗を発生しやすくするのが、陰部のムレです。

多くの女性が、下着やストッキングであそこがムレたことがあると思います。雑菌や汗による臭いはムレのせいで、強くなってしまうので要注意です。雑菌はジメジメしたところを好んで繁殖します。

梅雨の時期に食中毒が多くなるのも、ジメジメとした湿度のせいです。そのためあそこも、ムレてしまうと湿度があがり、雑菌を増やしやすくなってしまいます。ムレを解消するには、下着を通気性の良いものに変える方法があります。かゆみが気になる人にもおすすめです。

素材は綿よりシルクの方が通気性に優れています。私もずっと合成繊維の下着をなんとなく履いていましたが、あそこの体臭対策のためシルクに変えたことがあります。お値段はするけど、履き心地のちがいにびっくりしました。今ではシルクしか履けなくなってしまったほど、快適です!

可愛いフリルがあるからなど、デザインだけで選ぶのではなく、素材をチェックしてみてくださいね!

9.食べ物も関係アリ!?デリケートゾーンのにおい対策

食べ物もにおいに関わっていることもお話したいと思います。信じられない人もいるかもしれませんが、食べたものによってにおいが強くなることがあります。口臭ならわかるけど、体臭っているのはちょっとびっくりですよね。

とくに動物性の脂質をよく摂る人は、臭いやすくなります。もちろん普通に食べるぶんには良いですが、毎食肉ばかりの食生活をしていると体臭に影響しやすくなってしまいます。

大切なのは、バランスよく食べることです。動物性脂肪はだめだから食べないなんて、体調にもよくないのでしないでくださいね。食事によるにおいの影響はごくわずかなので、意識するぐらいで大丈夫です。

10.生理中や妊娠時は要注意!?デリケートゾーンのにおいが強くなる時期

気になるあそこのにおいについて紹介しました。人それぞれ原因が違い、においには何かしらの原因があることもわかってもらえたと思います。

最後にもう1つだけ、覚えておいてもらいたいことがあります。それは、女性にはデリケートゾーンがにおいやすい時期があるということです。

例えば梅雨や夏は蒸し暑く、汗をいっぱいかきますよね。デリケートゾーンも暑さでムレやすくなり、においが気になりやすくなります。とくに夏が臭いという人もいるでしょう。

他にも女性特有の体調がかわる時期は、陰部の臭いが気になりやすくなります。気温による影響よりも、体調の変化の方を気にする人が多いです。女性の体調が変わる時期は、生理中や生理後、妊娠中や出産後、閉経後があります。体調の悪い時も、においが強くなることがあります。

生理の時ににおうという話はこれまでもお話しました。体調不良の時も免疫力がさがりあそこが臭くなりやすいです。そして妊娠や出産の時においが強くなる女性は多くいます。
また閉経後は女性ホルモンの低下により、膣内の雑菌の侵入をコントロールしにくくなり、細菌に感染しやすくなります。

そのため、閉経前後の女性はあそこの臭いが強くなってしまうのです。病気ではないので安心してくださいね。そして陰部専用のケア製品でお手入れをしましょう。体臭を100%ブロックするのは難しいですが、においを和らげることは期待できます。

少しでも変化があればよいという気持ちでケアを頑張ってみてくださいね。

11.冬でも対策を!季節関係なく起こるデリケートゾーンのにおい

「デリケートゾーンのにおいは夏や梅雨だけに起こるもの」ではありません。確かに梅雨から夏は高温多湿の気候になり、雑菌も増えやすくなります。そのため夏や梅雨前のドラッグストアには、デオドラント商品がたくさん並んでいます。

しかし秋や冬でもにおいに気を付けなければいけません。気温が下がると、冷え対策としてタイツを履く人もいるでしょう。このタイツがとくにムレを起こしやすくします。原理としてはブーツを履いて足がムレてしまったような感覚です。そのため秋や冬でもあそこが臭いやすくなるのです。

デリケートゾーンのにおいは夏場だけでなく、秋や冬も気になるものです。そのため、においケアは通年行うようにしましょう。

12.デリケートゾーンのにおい対策は誰でもできる!

今回はデリケートゾーンのにおいケアのことを、ガッツリ紹介しました。自分が悩んでいたことなので、つい熱が入ってしまいました。

みんな話さないだけで、想像以上にあそこのにおいで悩んでいる女性は多くいます。そりゃ人にも相談しにくいものです。そして自分だけでなく彼氏や旦那に、辛い想いをさせるのは嫌ですよね。そして彼や旦那にも相談できる悩みではありません。

陰部のにおいケアは、多くの女性が一人で抱え込んでいることが多いです。今回紹介したように原因に合わせてしっかり対策をうてば、においは軽くすることができます。

匂いがするだけでブルーになるかもしれません。でも、自分の身体とは永く付き合っていくわけですし、しっかり対策してあげることが大切です。悩んでいたらストレスが増えちゃうので、自分にあった方法でケアをしてあげてくださいね。

カテゴリ一覧

no image

デオシーク【31人の口コミと効果】最もお得に買えるショップは?

2017/09/25   -におい

口コミでも大好評!デオシークはどんなデリケートゾーンのにおいケア商品? デオシークは、口コミでも人気のあるデオドラントクリームです。「すそわきがに効果がある」「加齢臭に効果がある」「デリケートゾーンが ...

no image

デリケトール【良い口コミは信用できる?】本当の効果を検証

2017/09/22   -におい

内側から効く!?デリケトールはどんなデリケートゾーンの商品? 「デリケトール」は、デリケートゾーンの不快感の軽減が望めるサプリメントです。「乳酸菌パワー」であそこのムズムズにアプローチしてくれると、話 ...

no image

クリアネオ【31人の口コミと効果】安くお得に買えたお店を紹介

2017/09/21   -におい

クリアネオはどのようなデリケートゾーンのにおい対策アイテムなの? クリアネオは、今デリケートゾーンのにおいケアで注目されている、デオドラントクリームです。使った人の97%が満足している商品(マイナビウ ...

no image

ノアンデ【効果と32人の口コミ】公式サイトよりお得に購入可能?

2017/09/20   -におい

ノアンデはどんなデリケートゾーンのにおいケア商品? デリケートゾーンのにおいが無くなったら、どれだけストレスが無くなることか・・・。アソコのにおいって、気になりますよね。 ・何を使ってにおい対策をすれ ...

no image

デリケートゾーンのにおい【市販の石鹸ランキングBEST5】

2017/09/15   -におい, 石鹸

私は長年、デリケートゾーンのにおいやかゆみに悩んできたため、気づけばケア方法に随分詳しくなっていました。最近では色々な人から相談もいただきます。よく「薬局やドラッグストアの市販薬で、デリケートゾーンの ...

no image

アマゾンで買える【デリケートゾーンのにおい解消グッズ5選】

2017/09/13   -におい

1.amzonで人気!デリケートゾーンのにおい解消商品を調査 自宅でデリケートゾーンのにおいケアをする時は、石鹸やデオドラントがおすすめです。大手通販サイトのアマゾンには、理想のにおいケアグッズは売っ ...

no image

ドンキホーテ【デリケートゾーンにおい対策商品の口コミと効果】

2017/09/13   -におい

1.ドンキホーテで調査!デリケートゾーンのにおい対策に使えそうな商品 デリケートゾーンのにおいケアを、自宅で簡単に出来たら嬉しいですよね。品揃えの豊富なドンキホーテなら、デリケートゾーンのにおいケアの ...

no image

デリケートゾーン【ズボンを履いていてもにおう】原因と解消法

2017/09/13   -におい

「どこからか臭いがする」と思っていたら、自分の体臭だったことはありませんか?しかもズボンを履いているのに、デリケートゾーンから臭いがもれていたなんて話もよく聞きます。 ズボンに臭いがついてしまうと、下 ...

no image

デリケートゾーンにおい解消おすすめグッズ5選とNGアイテム3選

2017/09/13   -におい

「デリケートゾーンのにおいケアをしたいけど、何を使えば良いのかわからない」 と思っていませんか? できれば自分にあった商品でケアをしていきたいですよね。 私も同じように悩んでいた過去があり、試行錯誤を ...

no image

ウェットシート【デリケートゾーンのにおいがゼロ?】4商品比較

2017/09/12   -におい

ドラッグストアでも売っている、デリケートゾーン用のウェットシート。色々なメーカーから出ていますが、普通のウェットティッシュと一体何が違うのか気になっている人もいると思います。 しかも普通のウェットティ ...

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 All Rights Reserved.