デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

におい

乳酸菌でデリケートゾーンの「においや生理痛」は解消できる?

投稿日:

最近スーパーやコンビニで、「乳酸菌」の商品をよく見かけますよね。乳酸菌入りのチョコレートを見た時はびっくりしちゃいました。お菓子なのになんだか体に良さそうで、画期的だなと思いました。

あなたは乳酸菌といえば何を思い浮かべますか?
私は今までは「便秘に良さそう」と思っていました。乳酸菌は、確かに便秘解消など腸内で活躍してくれるのですが、デリケートゾーンにもとても大切と噂されていたのを目にしました。

とくに子宮や膣の痛み、生理痛に悩んでいる人には良いとのことだったので、調べてみました。果たして本当にデリケートゾーンの味方になってくれるのでしょうか?

今回は乳酸菌とデリケートゾーンの関係を紹介します。

1.私たちの強い味方!?乳酸菌ってどんなもの?

乳酸菌は、体にとって良い菌です。すこやかな体づくりには欠かせない菌なのです。そしてデリケートゾーンの環境にも関わっています。

私たちの体には良い菌(善玉菌)と悪い菌(悪玉菌)がいます。悪玉菌は不規則な生活やストレスなどで、増えやすくなります。善玉菌はこの悪玉菌をやっつけてくれるのです。乳酸菌は善玉菌の強い味方になってくれるため、とても重要というわけです。

簡単に言うと「乳酸菌=体の味方」というイメージです。

2.子宮や膣の痛みにも乳酸菌がいいの?

生理前や生理中に子宮や膣が痛くなる人って多いと思います。とくに便秘をしていると、子宮が圧迫されてズーンと痛重くなってしまいますよね。乳酸菌は、このような子宮や膣の痛みなどにも関係しています。

2-1.乳酸菌による便秘の解消で痛みが軽くなる!?

便秘は子宮や膣の痛みを起こすことがあります。腸内に排泄物が溜まると、重力で腸が下に垂れます。そして子宮や膣を圧迫して痛みを起こしやすくしてしまうのです。

下腹がポッコリ出ている人は便秘で、腸が下がっている可能性があります。乳酸菌により便秘を解消できれば、子宮や膣への圧迫の軽減が望めます。

2-2.乳酸菌が膣内にも影響して痛みを軽くしてくれる!?

そして乳酸菌は直接、膣内の環境も守ってくれています。本来膣内には乳酸菌がいて、悪玉菌から守っているのです。しかし善玉菌が減って悪玉菌の数が増えると、婦人科系の病気を起こしやすくなってしまいます。ちなみに
・ホルモンバランス
・ストレス
・陰部の洗いすぎ など

これらの原因は、膣内の悪玉菌が増やして痛みを伴うケースもあります。陰部が痛いのは辛いので、乳酸菌で悪玉菌に対抗することが大切なのです。そうすれば、痛みも軽減されやすくなります。

3.乳酸菌は生理痛がひどい人にもおすすめ?

生理痛は個人差があり、軽い人もいれば重い人もいます。PMS(月経前症候群)で、生理前にイライラしたり、肌荒れや体調不良に悩まされている人もいるでしょう。

私もどちらかというと、生理前に頭痛がしたり落ち込みがちになってしまいます。しかも若い時より頭痛の症状がひどくなってきたのです。めったに薬は飲みませんが、お守りとして頭痛薬を常備しています。

こんな辛い生理痛にも、乳酸菌が良いと言われています。

なぜ生理痛に乳酸菌が良いと言われているの?

乳酸菌は代謝や血行の促進が望めます。したがって、生理痛を軽減しやすくなるというわけです。確かにヨーグルトを毎日食べるようになってから、生理痛がましになったような気がします。とくに便通も良くなってびっくりしています。

便秘と生理痛が重なると、お腹が重たくて痛くなってしまうので、本当に今では楽です。乳酸菌のパワーはすごいのです。

4.デリケートゾーンのかゆみやにおいは乳酸菌で軽減できるの?

デリケートゾーンのかゆみやにおいで悩んでいる女性も多いです。陰部のにおいやかゆみにも、実は乳酸菌が関わっているのです。乳酸菌は膣内をすこやかな状態へと導くからです。

膣内の乳酸菌はデーデルライン桿菌により生成され、pHを酸性に保っています。酸の力で雑菌から守るため、においやかゆみが起こりにくくなるというわけです。

デーデルライン桿菌は、陰部環境の正常化に重要な存在ですが、すぐに弱りやすいのが特徴です。

・ストレス
・疲れ
・無理なダイエット
・洗い過ぎ など

これらが原因で、デーデルライン桿菌は弱くなってしまいます。しかし、進んで乳酸菌を取り入れると、デーデルライン桿菌をサポートしやすくなります。そしてにおいやかゆみを起こしにくくするという仕組みです。

⇒詳しい内容は、「デリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品」のページにまとめましたのでお読み下さい。

5.女性ホルモンはデリケートゾーンの乳酸菌と関係があるの?

諸説色々ありますが、神経伝達物質の「セロトニン」の分泌が高まると、PMSが緩和されるのではないかとも言われています。このセロトニンは、腸から分泌されます。

したがって、乳酸菌で腸内環境を良くしてあげて、セロトニンの分泌を促進すれば、PMSも改善されやすくなるというわけです。

生理前にイライラする人や、ネガティブな気持ちになりやすい人は、乳酸菌を積極的にとると良いでしょう。

6.乳酸菌はどんなタイミングで摂ればいいの?

今回は乳酸菌とデリケートゾーンの関係についてお話しました。ちょっと乳酸菌のことが気になってきた人もいるのではないでしょうか。

最後に1つだけ注意点があります。それはだ闇雲に乳酸菌を摂るだけはNGということです。乳酸菌には、大腸に効くものや小腸に効くものなど、色々種類があるからです。効率的にケアするために、どの腸に効く乳酸菌なのか知っておきましょう。

・大腸→ビフィズス菌
・小腸→乳酸菌
・十二指腸→有胞子性乳酸菌

デリケートゾーンに乳酸菌パワーを届けたいなら、小腸まで届く乳酸菌を摂った方が良いです。かといって、1つの乳酸菌だけに偏るのも良くありません。食事と同じように様々な種類の乳酸菌をバランス良く摂った方が良いのです。

あらゆる乳酸菌を摂った方が、女性ホルモンを活発にしやすくするからです。とはいえ、食品で補おうとすると何個もヨーグルトを食べなくてはいけないので、少し大変ですよね。
だから乳酸菌サプリだと手軽でおすすめです。

乳酸菌は悪玉菌から守り、女性の強い味方になってくれます。でも根本的に解消するなら、生活習慣を整え、ストレスを減らした方が良いのです。したがって、乳酸菌はあくまでもサポートケアとして取り入れるようにしましょう。

-におい

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 All Rights Reserved.