ウェットシート【デリケートゾーンのにおいがゼロ?】4商品比較

ドラッグストアでも売っている、デリケートゾーン用のウェットシート。色々なメーカーから出ていますが、普通のウェットティッシュと一体何が違うのか気になっている人もいると思います。

しかも普通のウェットティッシュより、ちょっとお値段も高めです。値段が高いということは、それなりに成分や素材が良いのでしょうか?どんなメリットがあるのでしょうか?

色々気になったので、個人的に陰部専用のウェットシートを買って使ってみることにしました。商品の特徴などを紹介するので、どうぞ参考にしてみてください。

1.デリケートゾーン専用のウェットシートとは何か?

デリケートゾーン用のウェットシートは、昔からありましたが、最近の商品は良いものが多いです。デリケートゾーンの商品を扱うメーカーが、製造販売している商品も多いため、心置きなく使いやすいです。

一般的なウェットシートと、デリケートゾーン向けのウェットシートは何が違うのか確認していきましょう。

一般的なウェットシート

・アルコールで殺菌する
・添加物が入っている
・生地が薄め

デリケートゾーン向けウェットシート

・添加物が入っていない
・厚手で生地がやわらかい
・コンパクで持ち運べる
・トイレに流せる

一般的なウェットシートより、成分内容が優しいのが特徴です。アルコールやパラベン、香料などがフリーの商品も多いです。添加物が入っていると、陰部を守る常在菌を弱らせてしまうのでよくないのです。

それに普通のウェットシートは、拭いた直後にスースーして気持ちいいのですが、時間が経つとまたにおいが強くなってしまいます。専用のシートは、アルコールなどが入っていないけど、ちゃんと拭き取った後スッキリを実感できます。

あと専用の商品は、肌触りも優しいのが特徴です。皮膚の薄いデリケートゾーンにも使いやすいです。しかも厚手なので、拭いている途中にシートが破れる心配もいりません。だから手をよごさずにお手入れできます。

トイレに流せる点は嬉しいポイントです。普通のウェットシートは水に溶けないので、トイレに流したらつまってしまいます。このように、通常のウェットシートとデリケートゾーン向けのウェットシートの違いは明確なのです。

2.ウェットシートはデリケートゾーンのにおいケアに効果があるの?

それでは、デリケートゾーンのウェットシートのメリットを見て行きましょう。

・外出先でもお手入れ可能
・生理の経血やムレもスッキリ
・嫌なニオイが軽減されやすい
・雑菌の繁殖抑制が望める
・お風呂に入れない時も清潔

など、多くのメリットがあります。基本的に陰部の清潔感アップに関わる内容ばかりですね。なかには、陰部が肌荒れしている時に、トイレットペーパー代わりに使う人もいます。確かに肌触りの良いシートなら、拭きやすいでしょう。

夏にも重宝します。汗をかいた時のムレ対策はもちろんですが、海やプールの後にサッと拭くとさっぱりしやすいです。海の塩水やプールの塩素が、陰部に残る心配も軽減されます。

3.デリケートゾーン向けのウェットシートの商品比較

デリケートゾーン向けのウェットシートのことを少しわかってもらえたと思います。基本的にどのメーカーのシートも、デリケートゾーンをキレイにするという目的は似ています。でも素材や成分などに違いがあるのです。

肌触りの良いもの、においケアが望める成分が入ったもの、うるおい成分が入ったものなど、本当に多種多様です。商品によってイチオシポイントが違うので、あなたにあったウェットシートを選んでみると良いでしょう。

それでは、実際私が使った感想なども一緒に商品の特徴を紹介します!

商品1.Pubicareピュビケアデリケートコットンワイプ

特徴

オーガニック系の成分が配合されているPubicareピュビケアデリケートコットンワイプは、デリケートゾーンのpH値を正常にキープしやすくしてくれます。世界的にもレベルの高いインド産のオーガニックコットンを採用するなど、細かい部分にもこだわりを感じられます。肌触り重視の人にもおすすめです!

シートの厚さ

見た目よりも分厚かったです。薄手のものだと「拭いたらシートが破れそう」と思うけど、その心配も無かったです。大判サイズなので、広げると横19.5cm縦16.5cmもあります。ですので、折りたたんだ時は手が汚れにくくて使いやすかったです。

使用感

シートの素材はコットン100%です。優しい肌触りで使いやすかったです。ごわごわしたシートもある中で、このシートは優秀です!摩擦刺激も無かったので、肌荒れや黒ずみも起こりにくそうと感じました。

香り

私はフローラルの香りを買って使いました。バラの香りがするからリッチな使用感がありました。ちょっと香水のような感じですね。無香が好きな人は、苦手かもしれません。

刺激

実際に使ってて、ヒリヒすることなく使えました。シートの水分量も多く、しっかり拭き取れます。でも使用後はべたつかず、さっぱりします。

商品2.サマーズイブ フェミニンクレンジングワイプ ノーマルスキン

特徴

デリケートゾーン用の石鹸でも有名なサマーズイブシリーズの、ウェットシートです。気になるデリケートゾーンのにおいを、特殊な成分が閉じ込めてくれます。ビタミンEとアロエベラエキスも入っていて弱酸性!お肌への優しさにも配慮された商品です。

シートの厚さ

今回紹介する商品の中では1番厚みがあります。横20.5cm縦12.5cmとビッグサイズです。分厚いから破れず快適に使えます。でもトイレに流せるか不安に感じてしまいましたね。試しに流してみたところ、難なく流れていき安心しました。

使用感

他のタイプと違う点が、個包装になっている所です。手のひらサイズに1つずつ包装されているから衛生的です。個包装はデリケートゾーン用のウェットシートでは珍しく、カバンやポケットに忍ばせやすいです。

そしてシートが乾燥する心配もいりません。数ヶ月経ってもシートが乾燥していないので、生理の時だけ使いたい人にもおすすめです。

香り

デリケートブロッサムの良い香りがします。まるでお花畑にいるかのようなにおいです。包装を開けた瞬間にふわっとにおいが広がります。個人的に結構好きな香りだったので、気持ちよくお手入れできました。香りつきなのでもし無香タイプがいい人は、お試しの気持ちで買ってみた方が良いです。

刺激

アレルギーテスト済みとあったので安心感は高めでした。でもニオイを閉じ込める成分がどんなものか気になっていました。実際使ってみたら、ヒリヒリすることもなかったです。敏感肌な私でも問題なく使えたので、肌に優しい商品だと思います。

商品3.pHcare フェミニンウェット

特徴

サマーズイブ同様デリケートゾーンの石鹸で有名な、phケアフェミンウォッシュから出ているウェットシートです。天然アロマやカモミールエキスなど配合で、肌にも優しくできています。陰部専用のウェットティッシュの中では、値段も割安なのでお財布にも優しいです。成分内容や使用感をみると、コストパフォーマンスが高い商品です。

シートの厚さ

厚さは普通ぐらいですね。すごく厚くはないけど、薄すぎることもありません。生理がヒドイ時は経血量も多いので、シートが破れないように優しく使うようにしましょう。

使用感

トイレットペーパーと比べるとやっぱりすっきり感が違いますね!コンパクトサイズなので、生理用品と一緒にポーチに入れたりしても邪魔になりません。使用後はそのままトイレに流せます。

香り

今回紹介した4つの商品の中では、1番香りが良かったです。あくまでも個人的な好みなのですが。さわやかな石鹸の香りがするので、香水が苦手な人でも使いやすいと感じました。

刺激

アルコールや着色料がフリーなので、安心して使えます。刺激性テスト済みという点もポイントが高いです。低刺激性への配慮もあるので、デリケートゾーンケアにもぴったりです。

商品4.ソフィ デリケートウェットシート

特徴

ソフィといえば、生理用品でも有名ですよね。このウェットシートは、コンビニでも売っているので入手しやすいです。コンパクトサイズ(2枚入り)なので、持ち運びにも便利です。外出時にお手入れしたくなった時に重宝します。

シートの厚さ

一般的なお手拭き用のウェットシートよりは厚いですが、デリケートゾーン用のシートと比べると薄いです。手が汚れないようにするには、折りたたんで使った方が良いです。とはいえ、大判サイズだから、折りたたんでもしっかり拭き取りできます。

使用感

このシートは、髪の毛の1/1000の繊維が採用されています。だから柔らかい感触が特徴です。でも拭き取る時に、ややゴワゴワしている感じがありました。肌が敏感になっている生理中には、やや不向きかもしれません。普段づかいには良いと思います!

香り

無香料は香りはほぼありません。だから、香水のにおいが苦手な人にはおすすめです。妊婦さんの場合は、キツイにおいが苦手になることもあると思います。つわりがひどい時でも、無香タイプなら使いやすいでしょう。同シリーズには「フレッシュフローラルの香り」と「フレッシュグリーンの香り」もあります。好みや気分で選べる点は嬉しいポイントです。

刺激

刺激性もほぼ無かったです。肌に優しいなと感じました。無香料だから、肌にも良さそうと思いながら使えました。

デリケートゾーン向けのウェットシートの商品比較のまとめ

以上、4つの商品の特徴や使った感想を紹介しました。最後に簡単な表でまとめておさらいします。あくまでも個人的な評価ですが、参考にしてみてください。

商品名 シートの厚さ 使用感 香り 刺激 総合点
ピュビケア
⇒オーガニック成分が魅力 5 5 4 5 19
サマーズイブ
⇒大判サイズ・個包装 5 5 4 4 18
pHcare
⇒良い香りがする 3 4 5 5 17
ソフィ
⇒無香タイプもある 3 3 4 5 15

評価ポイントに差が出ましたが、実際使ってみるとほぼ差はありません。どれも使った後はサッパリして良かったです!好みによりけりだと感じたので、お好きな商品を使って、お気に入りを見つけてみてくださいね。

4.デリケートゾーン向けのウェットシートはかゆみやにおい対策におすすめできる?

あそこのかゆみやにおいが気になっている人に、デリケートゾーン用のウェットシートはおすすめです。ムズムズとしたかゆみや、ムレから来るにおいの対策にぴったりです。ウェットシートで拭けば、清潔感もあがるし、雑菌の繁殖抑制も期待できるからです。

ただしウェットシートで絶対に、においやかゆみが無くなるわけではありません。あくまでも不快感を軽減させるアイテムという感じですね。でもトイレットペーパーよりは、爽快感が違います。

だから一時的なデリケートゾーンのにおいやかゆみケアには、専用のウェットシートは活躍してくれます。根本的に解決するなら、石鹸やデオドラントで日常的な対策もした方が良いです。

⇒詳しい内容は、「デリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品」のページにまとめましたのでお読み下さい。

5.ウェットティッシュでちょっとしたデリケートゾーンのにおいケア

今回ウェットシートを実際使ってみて、使い心地の良さに驚きました。正直、使用前はあまり効果を期待していなかったからです。でもサッと拭くだけで、すっきりを実感できちゃいました。

今は毎日使わないけど、ポーチにいつも入れておくようにしています。たまに外出先でニオイそうな時、トイレで拭いたりしています。そうすることで、その日は何とかにおわないで済むことも多いです。だからあそこの臭いせいで、その日1日テンションが下がってしまうこともなくなりました。

今までは汗ふきシートや、お手拭きシートで、あそこを拭いていたけど、専用のウェットシートだとひりひり感もありません。さすが低刺激にこだわっているなと感じています。

普通のウェットシートより割高だけど、お値段以上の効果を実感できるので、個人的にはおすすめです。もしにおいが気になる人がいたら、一度お試しする価値アリの商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です