市販のピーリングはデリケートゾーンの黒ずみに効くのか?

市販のピーリングがデリケートゾーンにおすすめできない理由

基本的にピーリングというものは、酸性の薬剤が使われていることが多く、肌刺激の強いものになるので、医師に相談してから使用することをおすすめします。とくに、使用する部分がデリケートゾーンのため、なおさらです。

美容外科ではピーリングをしてもらうことができますが、セルフで行うのはかなりリスクが高まってしまうので気を付ける必要があります!

確かに、薬局やドラッグストアにいけば、手軽にピーリングを入手できるので、そういう点ではかなりメリットがあるんですけどね。やっぱり、何か肌トラブルがあったことを考えると怖いなという感じです。

実際に市販のピーリングをデリケートゾーンの黒ずみに使ってみた

薬局などに行くと、ピーリングの商品はいろいろ販売されています。洗顔メインのものが多いですが、ひじやひざなどに使うという人も多いでしょう。

そのピーリング商品で、デリケートゾーンの黒ずみを消すことが出来るのか?チャレンジしてみることにしました。ピーリングジェルのパッケージには、“フルーツ酸”と書いてありました。

どうやら、このフルーツ酸で古い角質を取り除いて、肌をツルツルにしていくというようです。「本当にデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのかな?」と半信半疑になりながら、使ってみることに。

このピーリングジェルをデリケートゾーンに乗せて、手のひらでクルクルと撫でていると、ポロポロと消しゴムのカスのようなものがたくさん出てきした。「お!これがデリケートゾーンの黒ずみか!」と一瞬感動してしまいましたね。

が、しかし!調べてみるとこのポロポロは多くの市販ピーリングジェルに入っている“カルボマー”というゲル化剤なんです。ガーン。

もちろんスクラブなどの成分が入っているものなら、それなりに洗浄効果を見込むことができます。ですが美容整形で行うほどのピーリング効果はないということが分かりました。

デリケートゾーンは、お肌の敏感な部分なので、思い切りピーリングでこすらないようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの商品はこれ

市販のピーリングはリスクが高いことがわかりました。それじゃどうすれば良いの?と思ってしまいます。

クリニックなどに行けば、効果の強いハイドロキノンを処方してもらえたり、レーザー治療を受けることができます。しかしクリニックの治療は基本的に割高になります。

ハイドロキノンは副作用の心配もされているし、レーザー治療もダウンタイムが長いのがネックです。

そこでおすすめなのが、デリケートゾーンの黒ずみケア専用クリームでケアする方法です。イビサクリームという商品でケアするのがおすすめです!かなり有名な商品なので、知っている人も多いと思いますが、どんな商品かサっと紹介していきますね。

イビサクリームは、女性のデリケートゾーンの黒ずみに特化した、美白クリームです。美白成分でもあるトラネキサム酸と、抗炎症作用のグリチルリチン酸2Kたっぷりと配合しています。

だからデリケートゾーンの頑固な黒ずみに有効な成分が直接働きかけ、デリケートゾーンの黒ずみにはこれ一本で解消できちゃいます。手軽に持ち運びができるから旅行や、外出先にもサッと使えるのがおすすめポイントなんです。

デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームだけど、その他の頑固な黒ずみケアにも使うことができます。なかには脇の下や乳首の黒ずみケアにも使っている人がいるくらいなので、全身のあらゆる黒ずみの悩みを解消してくれるんです。イビサクリーム1本あるだけで、いろいろ使えてかなり便利ですよ。


PAGE TOP