デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみの失敗談と改善法

投稿日:2017年2月21日 更新日:

デリケートゾーンの黒ずみで大失敗

デリケートゾーンは、ふだんは他人に見られるような場所ではありません。だからといって、ケアをおざなりにしていると、大変なことになってしまうこともあります。実際そのような苦い経験をしてしまった女子はいっぱいいるようです。

同性からの意見

友人といった温泉旅行の時、いざ温泉に入ろうと脱衣所で服を脱いだ瞬間「黒ずみすごくない?!」とびっくりされたという人がいました。いくら中の良い友人とはいえ、デリケートゾーンの黒ずみを見られるのはさすがにショックです。

しかも自分で黒ずんでいたことに気づかず、友人から指摘をされてしまうのは、辛いものがあります。

また、会社の慰安旅行で先輩から指摘をされるというケースもありました。友人ならまだしも、会社の人だとどんな噂が流れるのかひやひやものです。この女性に関しては、あまりの仕事の忙しさに体のメンテナンス不足だったかな?と少し反省したそうです。

異性からの意見

それだけではありません。さっきの場合は、同性に見られてしまったケースですが、彼氏に見られて大参事だった人もいます。

男性と良い雰囲気になった際に、デリケートゾーンの黒ずみを指摘されたという女の子もいました。しかも下着にも気を付け脱毛も完璧にしていただけに、デリケートゾーンの黒ずみは完全に盲点でした。遊んでいると勘違いされないように、説得するのが大変だったそうです。

逆に、デリケートゾーンの黒ずみが気になって、自信がもてないという人もいました。

いずれにせよ、デリケートゾーンの黒ずみは無いにこしたことはありません。でも、デリケートゾーンの黒ずみは体質でもないので、対策次第で薄くなります。だから安心してくださいね!

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

それではどうすればデリケートゾーンの黒ずみはケアできるのか、見ていきましょう!ポイントは2つあります!まずこれ以上肌を黒くさせないことと、同時に美白ケアを行っていくことです。

日常生活での肌刺激を減らす

まずデリケートゾーンの黒ずみを悪化させないためについてです。ふだんの生活で簡単にできるのが、肌への刺激や負担を極力減らすことです。

例えば、下着のサイズはキツくはないか?素材は合成繊維でないか?などを見直すようにしましょう。とくに、デリケートゾーンは24時間下着によって摩擦を受けているし、メラニン色素ができやすい場所なので、黒ずみやすくなっています。

下着のサイズがきついときは、腰周りや脚のつけ根など、ゴムの部分が黒ずみやすくなっているでしょう。そして、素材は綿やシルクがオススメです。

安くてスベスベした合成繊維は、通気性の面でもむれやすくてよくありません。ゴムの締め付けが気になる人は、ボオクサータイプの下着に変えてみてくださいね。

肌のターンオーバーを高める

もう一つの方法は、肌のターンオーバーを正常に戻すということです。肌のターンオーバーは、加齢やホルモンバランスの乱れによって、若いころのように正常ではなくなってきます。

周期が遅くなるので、メラニン色素で沈着した黒ずみも、なかなか剥がれ落ちずに肌に残ってしまいます。自宅でのケアでは、こまめに専用のクリームで保湿するという方法がありますが、すぐにでも治したい場合は、美容外科でレーザー施術を受けるのがオススメです。

ただし、美容外科のレーザーは高い効果が期待できるものの、保険が利かないので高額治療になることも多いです。事前に料金のこともチェックしておくことが大事になってきます。

これらのことを注意するだけでも、デリケートゾーンの黒ずみはキレイになるのを実感できます!できることからまずは初めて、温泉旅行もデートも楽しみましょう。

-黒ずみ

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 AllRights Reserved.