デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみには美容皮膚科の治療が良いのか検証

投稿日:2017年1月17日 更新日:

美容皮膚科で治療するメリットとデメリット


美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみケアをすることは、メリットとデメリットがあります。それぞれどのようなことがあるのでか、施術を受ける前にチェックしておくことが大切です。

メリット

医療機関だから安心

皮膚科での治療はドクターや医療従事者が施術を行います。そのため、もしトラブルがあったケースにも、迅速かつ適切に対応可能です。痛さや腫れが引かないケースは、我慢せずに医師に相談しましょう。

自分自身では対処できない症状が出たり、間違ったケアをしてしまったケースにも、医師や看護師がいれば心配いりません。

通院回数が少ない

美容皮膚科で使用するレーザーは強い照射力があるため、1回でのパワーはエステよりもはるかに上回ります。

そのため、エステで黒ずみを解消する時よりも、通う期間も回数も少なくて済むのです。美容では1回の治療費が高価でも、総額で見ると、エステとそれほど変わりません。

自分では見えにくいところもちゃんとケア

デリケートゾーンって自分では見られないところなので、セルフケアでちゃんとケアするのは少し困難ですが、美容皮膚科なら適切な医師の判断で安心して施術を受けられます。

デメリット

治療費が高額

エステとそれほど変わらないといっても、やはり必要になる治療費は高額です。セルフケアと比べるとなおさら高いので、金額だけを見ると躊躇する人も多くいるでしょう。

治療の種類によっては金額に幅があることもお忘れなく!でも、クレジットやローンが組めるところもありますので、カウンセリングの時に支払の面においてしっかり聞いておくことをオススメします。

ダウンタイムが長い

レーザーなどを照射した患部は通常に戻るまでに、ダウンタイムというのが発生します。それほど時間はかかりませんが、3日は肌に刺激を与えないように安静に過ごさなければなりません。基本的にシャワーは当日からオッケイなので、それほど問題はありませんが、入浴できるまでは数日待つこともあります。

下着や衣服も綿やシルクのように、摩擦刺激の少ないものを使うようにしましょう。

クリニックも良いけれどもっとオススメのケア方法

確実な成果を出すには、美容外科に行くのって良いことです。美容外科では、メラニンの合成をブロックする、ハイドロキノンクリームという薬を処方してもらえます。

また、デリケートゾーンのレーザー脱毛は、メラニンも減らしてくれるので、場合によっては黒ずみとムダ毛まで解決できちゃいます。でも費用が高額だったりダウンタイムはややネックという人もいるでしょう。

そんな人にオススメなのが、デリケートゾーンの黒ずみケア専用の美白クリームです!デリケートゾーンは解剖学的にも、メラニン色素が活発にできやすく、黒ずみが生じやすいところなんです。

美容外科のようにすぐに効果が出るとまではいきませんが、徐々に黒ずみが薄くなると効果を実感している人が多いのは確かです。つまり、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームは根気よくコツコツと続けることが大切になります。

とくに肌トラブルが起きやすいデリケートゾーンだからこそ、しっかりケアをしてあげることは重要なんです。体質によっても黒ずみやすいという人もいます。

自宅でケアしていくことは、ちゃんと続けることで変化を実感できること間違いありません。ストレスに感じない程度に、自分のお気に入りのケアアイテムを見つけて気長にケアをしていきましょう。

どれにしようか悩んだら、まずはイビサクリームを使ってみてください。返金保証もあるのでお試しもしやすくてオススメですよ!

-黒ずみ
-, ,

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 AllRights Reserved.