デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

黒ずみ

陰部の黒ずみケア化粧水を市販や薬局で買うときの注意点

投稿日:2017年1月23日 更新日:

薬局でデリケートゾーンの黒ずみケアを買う時のポイント

薬局で売られているデリケートゾーンの黒ずみケア商品で、美白したいという人も多いと思うので、薬局でこれらの商品を買うときの注意点を解説していきます。情報を知らずに購入してしまうと、後々後悔するかもしれませんので、事前にまずはチェックしてみてくださいね。

薬局ではデリケートゾーンの黒ずみケアが少ない

薬局で売られているデリケートゾーンの黒ずみケア商品は、正直なところおすすめ商品がありません!

デリケートゾーンの黒ずみケア専用の商品というのは、どちらかというとマイナーでかなり需要も少ない商品です。そのためデリケートゾーンの黒ずみケアの商品売っている薬局自体が少なく、あったとしても商品数が少ないので選ぶこともできにくくなってしまいます。

あまり気に入った商品じゃなくても、それしかないので使わざるを得ないなんてことも。

専用のものに比べると効果もダウン

たとえば、薬局にデリケートゾーンの黒ずみケア商品というものが売ってあるとします。たしかに、デリケートゾーンに使用できるように低刺激だったり工夫はされているかもしれませんが、なかなか薬局で売られているものは、あまり効果が見込めません。

とくに、インターネット購入でしか入手できないような、デリケートゾーンの黒ずみケア専用のアイテムと比較すると、雲泥の差といっても間違いありません。実際、薬局にあるようなデリケートゾーンの黒ずみケア商品は、器用貧乏な商品が多いなんて噂されていますしね。

薬局でデリケートゾーンの黒ずみケアをするには

とはいえ、薬局で買う方が手軽だという人も多いでしょう。本当のことをいうと、おすすめはインターネットを通してイビサクリームのような、専用クリームを買うのが良いです。

でも、ネット通販になれていない人のためにも、薬局でデリケートゾーンの黒ずみケアを買うなら、どのようなものを選ぶと良いのかをお話ししていきます!

デリケートゾーンの黒ずみケア商品を薬局で買うにいは、いくつかのポイントがあります。

外からも中からもとりたい!「ビタミンC」

黒ずみもビタミンCが良いんですよ。シミやそばかすなどの美白ケアでも、ビタミンCはかかせません。

デリケートゾーンの黒ずみの原因も、メラニン色素だからメラニンの生成を抑制してくれる、ビタミンCを塗ってあげることが大事なんです。

ビタミン剤などを飲んで内側からケアしていくともっと良いでしょう。最近では、サプリメントもいろいろな種類が出ているので、体質に合うものをチャレンジしてみるのもおすすめです。

デリケートゾーンだけでなく、顔の美白も期待できるのでちょっと得した気分になれますよ!

やわらかいお肌にするにはこれ「尿素」

デリケートゾーンが黒ずむときって、肌が角質化していて硬くなっていることが多いです。したがって肌をやわらかくしてくれるような、尿素が入っているものを選ぶようにしましょう。

尿素といえばハンドクリームに配合されているのでも有名。古くなった角質もやわらかくしてくれるので、蓄積した角質も剥がれやすくしてくれます。

お肌の生まれかわりも早まるため、ターンオーバーも正常化されやすくなります。軽いメラニン色素の沈着であれば、尿素で対応可能です!

グリチルリチン酸2K

イビサクリームなどにも入っている、抗炎症作用のある成分です。お肌の炎症をおさえて、バリア機能を高めます。

デリケートゾーン黒ずみで、毛穴がぶつぶつしていたり、ニキビや吹き出物ができている場合にはこのような炎症を抑えるための成分も必要になります。したがって、グリチルリチン酸2Kなどが入っているとなお良いしょう。

もちろんこれらの対策のほかにも、日ごろから自分でなるべく黒ずみをつくらないよう最大限の注意をはらっておくことは大切です。下着やセルフ脱毛時の摩擦を軽減させるなど、日々の努力でよりきれいなデリケートゾーンを目指しましょう。

-黒ずみ
-, , ,

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 AllRights Reserved.