皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみケアする方法

皮膚科で行うデリケートゾーンの黒ずみケア

処方薬

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみケアを行う場合、処方薬をもらって治すのは基本的なケア方法です。市販の黒ずみケアアイテムよりも、皮膚科で処方される薬は高い効果が期待できます!

そのかわり皮膚科で処方される薬は副作用も強く、濃度の強いものなどは医師の処方が必要になります。万が一医師の指示通りに用法・用量を守らずに、使ってしまうと肌荒れなどを起こしかねないというリスクもあります。

デリケートゾーンの黒ずみケアには、ハイドロキノンやトレチノインを処方してもらうのが主流です。

最近では、海外から個人輸入して使用する人もいますが、個人輸入はトラブルが起きても自己責任となるのでオススメできません。ハイドロキノンのように副作用の強いものは、皮膚科で処方してもらい使うことが大切です!

レーザー治療

皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみケアには、レーザー治療もあります。医療用の強めのレーザーを照射して肌の奥深くのメラニン色素を破壊します。そのため頑固な黒ずみも解消することができちゃいます!

レーザーというと抵抗がある人も多いと思いますが、メラニン色素に反応するレーザーなので、黒ずみ意外のところには反応しません。肌にダメージを与えにくく安心です。

レーザー治療にはレーザートーニングとインティマレーザーの2種類があります。

皮膚科クリニックの選び方と注意点

正しい皮膚科の選び方まずは治療法を見極めることです。皮膚科によっても治療法が異なるので、事前にチェックしておくことが大切です!

とくにデリケートゾーンの黒ずみは、女性にとってとても大事な問題です。そんな大切な部分を任せる治療だからこそ、ちゃんと皮膚科を選ばないといけません。

医師の評価や、皮膚科の口コミを参考にすると良いでしょう。大きい病院だとその分悪い口コミも多くなる傾向があります。でも“百聞は一見にしかず”というように、実際に目で見て雰囲気を知ることが大切です。

無料カウンセリングの際に、院内の雰囲気などをチェックしておきましょう。口コミも参考にしますが、あくまでも人の意見なので合う合わないも個人によって違います。後悔しないためにもまずは、自分で足を運び通院できるかどうかを判断してくださいね。

個室の有無、立地条件の良さ、ベッドの衛生面も確認しておくと良いでしょう。

あと、料金の確認も忘れずにしておきましょう。皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみケアは保険適用外のため、高額治療になることもあります。

いくら用意しなきゃいけないのかなど、事前に準備しているのとしていないのとでは、心の余裕も大違いです!

セルフケアもおすすめ

皮膚科も良いけれど、手軽に自宅でケアするのもオススメですよ!最近はデリケートゾーンの黒ずみケア専用のクリームも多く売られるようになりました。

イビサクリームといって、ブラジリアンワックスサロンから生まれた、優秀なクリームもあります。とくにイビサクリームは、クリームの伸びもよくお値段以上に使うことができちゃいます!

美白成分、抗炎症作用のある成分、保湿成分と、デリケートゾーンの黒ずみケアでは欠かすことのできない成分もしっかり入っています。

イビサクリームのように、デリケートゾーンの黒ずみに特化ししたクリームをまず使ってみてから、皮膚科に行くというのも一つの方法です!

もし相性の良い、黒ずみケアクリームに出会えたら最高です。インターネットなら商品の口コミもわかるし、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいることを知られると恥ずかしい思いをすることもありません。

気になったらぜひセルフケアにチャレンジしてみてくださいね。どの商品が良いか悩んだ場合は、イビサクリームを使ってみてください!


PAGE TOP