デリケートゾーンの黒ずみや脱毛、臭い(におい)、できもの、性病、下着など、あそこ(陰部)のことで悩んでいませんか?そんなデリケートゾーンの悩みの原因を「早く、優しく、安く、安全に」解消する方法を徹底的に紹介します。

デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト

黒ずみ

アメリカ人のデリケートゾーンの黒ずみケア事情

投稿日:2017年1月17日 更新日:

アメリカではハイドロキノが主流

デリケートゾーンのお手入れは、アメリカの方が日本より進んでいます。確かにブラジリアンスタイルのようにデリケートゾーンのムダ毛処理も、アメリカの方が流行っています。

黒ずみケアももちろん日本よりみんな徹底的にしています。アメリカでは、ハイドロキノが主流なんです。ハイドロキノンといえば、美白作用が強いものの副作用が強いのがネックな薬です。使いづらさから嫌煙されがちというイメージが強いです。

クリニックに行けば、濃度の高いハイドロキノンを処方してもらうことができます。でもアメリカでも20年も前から、ハイドロキノンは使われているほどです。国によって使える薬も違うことがわかります。

アメリカ人は黒ずみにくい?

そもそもアメリカ人は、日本人ほどデリケートゾーンが黒ずみにくい傾向があります。その理由は、メラニン色素の量が少ないからです。

下着による摩擦でメラニンは生成されますが、このメラニンの発生量が少ないと黒ずみにくくなります。

これは正しくは、アメリカ人というより色素の話なので、白人はメラニンの生成がされにくくデリケートゾーンも黒ずみにくいと言った方が正しいでしょう。なかには、黄色人種や黒人のアメリカ人もいますからね!

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは万国共通

デリケートゾーンの黒ずみの悩みなんて、友達と話すこともないし、ましてや海外の人とも意見を交わすことはありません。外国の人たちは、デリケートゾーンの黒ずみの悩みをどうとらえているのでしょうか?ハイドロキノン意外にどのような手入れをしているのでしょうか?

調べていくとデリケートゾーンの黒ずみの悩みは、海外の人も悩んでいることがわかりました。匂いも気にしているのが現状ですね。

とくに生理中などの衛生面を気にして、アンダーヘアを脱毛するのが多い傾向にあります。これは、日本人にはまだ浸透していない文化ですが、今すごく注目はされています。

ムダ毛があると、菌が繁殖して炎症を起こしたり、肌のターンオーバーが遅れたりしてしまいます。つまり、ムダ毛を放置していると、デリケートゾーン黒ずみが悪化したり、匂いのもとになってしむということです。

そのため、海外のようにアンダーヘアのお手入れをすることはとても大切です。まだまだ国内では、アンダーヘア事情に疎い部分はありますが、ブラジリアンワックスサロンなどが多く出てきているので、これから需要は高まるでしょう。

海外の驚きのケア方法

脱毛サロンでデリケートゾーンを衛生的に保つという方法は、一般的でありますが、海外ではこんな驚きの方法でケアをしているという人もいました!

自らレモンやお酢で、ケアアイテムを使うという方法です。なんだかお金をかけずに、すごいことをしているなという印象です。

レモンもお酢もpHは酸性です。アルカリ性に傾きがちの肌を、中和するには酸性のものを用います。リーズナブルで、添加物も使わないから肌に優しそうです。

日本でもこのような手作りコスメの方法だと、重曹を使ったお手入れ方法は有名です。

手作りコスメって、リーズナブルで何を使っているかわかるから安心かもしれないけど、私はオススメしません。やっぱり、本格的にケアするなら、有効成分が入ったものが良いでしょう。

しかも最近は、デリケートゾーンの黒ずみケアに特化した、比較的リーズナブルなケアアイテムも出ています。例えばイビサクリームはオススメですね。

有効成分も入っているし、デリケートゾーンの黒ずみケア専用クリームだし、低刺激処方なので、わざわざ自分で作る手間もかかりません。それに効果の実感の高さも違います。

イビサクリーム以外にも、デリケートゾーンの黒ずみケアのアイテムっていっぱいあります。いろいろ気になったものから、チャレンジするのもオススメです!海外のお手入れ事情に見習って私たちも、がんばっていかなきゃだめですね!

-黒ずみ
-, ,

Copyright© デリケートゾーン110番|あそこ(陰部)の悩みを全解決するサイト , 2017 AllRights Reserved.